生活保護受給者でも借りれる即日融資はある?

即日融資のキャッシングは銀行も近頃では行っていますが、貸金業者が最も得意とする貸付方法の一つです。現在でもその傾向は強く、銀行の即日融資であっても保証会社は貸金業者が付いているというもの多く見られます。銀行と貸金業者では科せられている法律が違い、貸金業者には年収の3分の1を越える貸付を行ってはならないという総量規制の法律があります。そのため「無職」の人が利用するのは大変難しく、担保があれば担保付融資を利用できますが、無担保保証人不要の即日融資は不可能に近いと考えたほうがいいでしょう。しかし生活保護受給者の場合には月々きちんとお金が入ってくるのですから借りれるのではないかと考えてしまいがちです。


<生活保護受給者は借り入れができない>

生活保護は月々きちんと支給されることから「アテになるお金」と考えがちですが、これは「収入」ではありません。生きてゆくのに必要な最低限のお金が国から支給されているもので、自分自身で働いて得ているものではありません。「収入」としては認められないのです。そのため貸金業者も貸付を行うことはできません。また生活に最低限必要な額が算出されて支給されているのですから、借金の支払にアテられるようなお金はないはずです。そのため総量規制の対象外となっている銀行も、貸付は行いません。受給者も借金をしているということが知られれば、「借金返済できるだけの余裕がある」と判断され、支給額が減額されたり打ち切りになったりします。